利点と欠点どちらを重視?起業する際のシェアオフィスの利用価値を考える

シェアオフィスとは?メリット、デメリットをご紹介。

ネットワークを広げて業績アップ!雑音が気になる人は対策を

異業種との交流チャンスが多い

通常のオフィスとシェアオフィスとの大きな違いは他企業が同じ空間にいるという点で、これは起業する人には大きな強みになります。

仕事をするうえで様々な企業と関係を築いていくのは不可欠ですが、シェアオフィスはその機会が多く情報交換などがスムーズにできてビジネスチャンスを掴む可能性に恵まれています。自分の仕事とはまったく縁のなさそうな業界の人と知り合って、そこから新しい発想が生まれて業務に活かせることも考えられます。

シェアオフィスのなかには、入居者同士のつながりに手を貸してくれるところもあります。人とのネットワーク構築は、起業したての時期はなおさら業績に直接影響しますので、積極的に多くの人と関わりを持つよう努力しましょう。

雑音で集中できない人は要注意

企業が混在しているシェアオフィスでは、周りの会話や電話音などが聞こえてしまうのが難点です。どの職場でもある程度の雑音はあるものの、他企業からの雑音が聞こえてくるシェアオフィスにおいては特に気になる人が多いようです。

シェアオフィス運営側では、雑音への対策として様々な工夫をしています。雑音を出しても構わないエリアとなるべく静かに利用するエリアに分けているところもあれば、個室ブースを用意しているところもあります。可能ならば借りる前に見学に行き、雑音対策について確認しておくとよいでしょう。

雑音が気にならないようヘッドフォンをして仕事をするなど、自身での対策も大切です。それと同時に、自分も不必要に音を立てないよう配慮し、皆が気持ちよく仕事に取り組める環境を作る姿勢が重要です。


この記事をシェアする